RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

びっくり腰

2011.01.11 Tue
寒い時期はぎっくり腰になる方が多いようです。
ぎっくり腰とは急性の腰痛の総称です。

重いものを持ち上げたり、腰を捻ったりしたときに『うぎゃっ!』と腰が痛くなるイメージがありますが、運動不足・肉体疲労・肥満体質・気候などで、腰の筋肉の血行が悪くなっている状態の時になりやすいと言われています。
腰の血行を悪くさせる原因は、長時間同じ姿勢で作業をしていたり、腰に負担が掛かってしまうような無理な姿勢を続けていることなども挙げられますので、長時間のパソコンや事務仕事をされるときには定期的に身体を動かすようにしましょう

残念ながらぎっくり腰になってしまった時は、腰の筋肉の痙攣とともに炎症を起こしていますので、まずは炎症を抑えることが重要です。
冷シップやアイスノンなどを使って冷やしながら安静にして下さい。(ただし妊婦さんの場合、冷やすとお腹が張ったりすることがありますので、冷やさず安静で
寝るときには真っ直ぐ上向きよりも少し身体を丸めて、腰が楽に感じる姿勢で寝て下さいね
しっかり冷やして腰の負担をなるべく軽減して数日過ごし、痛みのピークが過ぎた頃から疲労の蓄積した筋肉のケアを始めていきましょう。
腰痛を繰り返さないように普段から筋肉を柔らかく保っておくことが重要です
桜コンディショニングではそれぞれの腰痛の原因を考え、対処法などもアドバイスしていますので、腰痛をお持ちの方はどうぞ何でもご相談くださいね。

ところで、私は訪問看護で週に1回86歳のおばあさんのところへ行っています。
お元気な方なので30分ほど世間話をして帰ってくるだけなのですが、その方の通われている病院の先生が以前ぎっくり腰で休診されたことがありました。
その後そのおばあさんが、私が訪問するたびに、やってしもた~という表情をしながら「先生な~びっくり腰やったんやって!」と楽しそうに話をしてくれるようになりました
初めこそ「それはびっくりではなくてぎっくりの間違いでは?」と気になっていたのですが、土地によってはぎっくり腰をびっくり腰というところもあるようです。
最近ではおばあさんのびっくり腰が聞きたくて、「先生なんで休まはったやったっけ?」と誘導してしまう私です




Category:一般整体 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<ないもの、あります | HOME | 首を暖かくして過ごしましょう>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://sakuraconditioning.blog119.fc2.com/tb.php/40-2fce5416

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。