RSS|archives|admin

当店のこだわり

2014.10.30 Thu
こんばんは。
家電の故障にヒヤヒヤしている、桜コンディショニングの山岸です。
先月炊飯器が壊れ買い替えたところなのに、最近電子レンジが使うたびに焦げ臭くなります。
『よく温めてくれたんやな』と思い込んで使い続けていますが、限界でしょうか?
そして冷蔵庫も変な音がしてる気もして・・・どうして家電って一気に買い替え時期がくるのですか!

さて、タイトルを当店のこだわりなんて書いてみたものの、特にこだわってなかったりなのですが、実は2つだけあります。
まず1つ目は『託児無料』です。
子供が産まれてわかりますが子供を連れては自分の用事をすることが本当に難しくなります。
そんなお母様方にも少しの間ゆっくり過ごしていただきたいと思っていますので、必要な方はどうぞご利用下さい

2つ目は『物を売らないこと』です。
これはこれまで自分が行ったお店で飲み物やサプリメントや身体に着けるものを勧められて嫌やなと思ったことがあったからです。
ああいったものは謳う効果があったらあったで止められないし、効果が無くても「これを飲んでるから今の状態を維持できてる」という魔法の言葉で止められないんですよね。
私はそういう仕事の仕方をしたくないので、自分のお店で物を売りません。
誰ですか?在庫管理するのがめんどくさいだけでしょって言ってるのは!
私がいくら身体に良くて勧めたいと思うものがあっても、こっそり使おうと思いま~す

ではまた来週~



Category:桜コンディショニング | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

トラックまつり

2014.10.23 Thu
こんばんは。
引越しをするときトラックに乗って「さようなら~」っていうのをやってみたかった、桜コンディショニングの山岸です。
でもあれって本当はできないんですよね。
確かに近い距離ならともかく、運転してくれる人と話が合わなかったら・・とか途中休憩する時お茶をご馳走するべきかどうか・・とか余計な心配して引越しが終わるまでにヘトヘトになりそうですもんね

さて、そんな妄想広がるトラックのお祭りが今月26日に開催されるようです。
仮面ライダーが来たり、フリーマーケットもあったりで楽しそうですよ
車好き男子は大喜びではないでしょうか。
お天気になればいいですね

ではまた来週~

Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

来年からの予定

2014.10.16 Thu
こんばんは。
子供の「行こう行こう」攻撃に心身ともにグッタリ桜コンディショニングの山岸です。
そりゃ家の中ばっかり居たら飽きると思いますが、外ばっかりもどうかと思いますけどね。プンプン

さて、子供の手術の予定は年内だったのですが、病院で手術予定が立て込んでいるらしく、うちの子供の予定は来年1月になりました。
そのため、新規のご予約も来年以降もしばらくお断りすることになりそうです
申し訳ございませんがどうぞよろしくお願い致します。

というか、こんなにひっそり営業を続けてて忘れてしまわれないか心配です
忘れられてしまわないようにブログはどんどん更新していきますので、読んでくださいね~

ではまた来週~


Category:桜コンディショニング | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

日本のヴァイオリン王

2014.10.09 Thu
こんばんは。
ピアノは黄バイエルでやめました、桜コンディショニングの山岸です。


日本のヴァイオリン王 - 鈴木政吉の生涯と幻の名器日本のヴァイオリン王 - 鈴木政吉の生涯と幻の名器
(2014/05/09)
井上 さつき

商品詳細を見る


バイオリンと聞くとお金持ち、お嬢様やボンボンのやる楽器というイメージはありませんか?
でも一昔前はそういうわけでもなかったようです。
この本では鈴木バイオリン製造の創業者、鈴木政吉さんの生涯を通して、日本におけるバイオリンの立ち位置の変化みたいなものを解説しています。

鈴木政吉さんは元は三味線職人でした。
世の中で三味線の評価が下がり始めた頃にバイオリンに出会い、『これならなんとかできそうだ』と自分で作ってみたところ形だけはいい感じのものができたというのですから職人の技を感じます。
その後工場生産に踏み切り、低価格でそこそこの商品が作れるようになって日本でバイオリンが流行し、海外へも輸出するようになります。
輸出までにはYAMAHAの創業者山葉さんが関わってくるのが面白いです。

バイオリンが日本で流行った頃は、庶民にも身近な楽器となって自己流で唱歌などを弾いて楽しんでいたようです。
でもそのうち蓄音機が出来、色んな音楽家が日本にもやってくるようになり、演奏を聴くうちに『どうやらそんな気軽に弾けるものではないようだ』と人々がバイオリンの奥深さに気付く辺りも時代が感じられてよかったです。

戦争開始の時期と重なってバイオリンは売れなくなっていき、工場生産にも陰りが出てくるのですが、最後はやっぱり職人さん、全て手作業の高級バイオリンを作ることに没頭する展開があって、とっても引き込まれて読めました。

読書の秋にこんなかっちりとした本などいかがでしょうか
ではではまた~



Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

左京ワンダーランド

2014.10.02 Thu
こんばんは。
子供のオムツのメーカーを色々試すのが楽しくなってきた、桜コンディショニングの山岸です。
ずっとパ〇パースだったのですが、独特の臭いがあることに気が付いて、ムー〇ーマンを経て今回はグー〇を買ってみました。
同じサイズでも大きさも全然違うし、時には他のメーカーを試してみるのも大事ですね。

さて、今週末から左京ワンダーランドが始まります。
去年は参加できなかったのですが、今年は今週末開催の糺の森ワンダーマーケットに行ってみようと思っています。
雨が降らなければいいのですが・・・。
是非皆様も行ってみて下さいね~。

ではまた来週~


Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |