RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

思い切って一言を

2014.06.26 Thu
こんばんは。
フックブックローからえいごであそぼまで、朝のEテレにどんどん詳しくなっていく桜コンディショニングの山岸です。
フックブックローのけっさくくん役の方のコンサートがあるようですよ。あのぎこちないダンスがとても魅力的
誰か一緒に行きませんか~?

さて、今日は少し真面目な話題を書こうかと思います。
インターネットで渋谷駅での母親の虐待映像なるものが拡散されたことをご存知でしょうか?
私もお客様に教えてもらって見たのですが、母親らしき女性が2~3歳くらいの女の子を大声で叱り最後に暴力をふるっていました。
撮影者は映像を撮りながら「警察呼ぶぞ!」と叫んでいて、親子は足早に人ごみの中へ紛れていきました。
この映像を見た人のコメントも書き込まれていて、賛否両論ありました。

意見に意見することは避けて、私の見た後の思いを正直に書こうと思います。
私がまだ育児を経験する前ならおそらく「親やのに何してんの!?」と憤ったと思いますが、今の私は母親だけを責める気持ちにはなれません。
暴力をふるうのはダメだと思いますが、私も今でさえ本当にシャレにならないくらいイライラすることがあります。
泣きたいのはこっちの方!って思うこともあります。
で、そんな時カメラで撮られて警察呼ぶぞと言われたら・・・自分は孤立無援なのかと悲しくなると思います。
だから皆さん、私がもし育児ストレスでおかしくなってたら、行政とか国家権力とかそういうものじゃなくて、一般人の正直な意見として「やめとき」とか「どうしたん?」と思い切って一言声を掛けて下さい。

昔はそうやったんちゃうかな~?
何でもかんでも警察呼ぶぞ!児童相談所に相談だ!!って私は何か違う気がします。
あくまでも私はそう思います・・・というお話でした

ではまた来週~




スポンサーサイト
Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

初散髪

2014.06.19 Thu
こんばんは。
髪を伸ばそうと決意はするが、物心ついた頃からずっとショート、桜コンディショニングの山岸です。
途中でハネてくると我慢が出来ないのです
誰か伸ばし方を教えて下さい・・・。

さて、先日息子が散髪屋さんデビューをしました。
ご飯粒のついた手で頭を触ったり、チャイルドシートに乗ってモジャモジャになったりで、後頭部がレゲエっぽくなっていたのです。
家で何度かカットはしたのですが、急に動いて怖いし・・っていうので思い切って散髪屋さんに行くことにしました。
なかなか小さい子の散髪をやってくれるところはなく、何軒も問い合わせてやっと見つけました。

親子でそれぞれケープをつけ、私が抱っこした状態で切ってもらいました。
息子は嫌がって泣き叫んで動いてましたがやっぱりそこはプロ
あっという間にスポーツマンのようなサッパリヘアーに仕上げてくれました

そのお店は親子2代でされているということでした。
息子さんに話を伺うと、自分が子供の頃、父親にいつも綺麗にカットしてもらってて今になって手をかけてもらってたと感謝してるので、少しでもそれをお返ししたいと赤ちゃんから子供の散髪をやってるということでした。しかも格安で
ええ話
こういうお店はなんとか応援したいと早速夫に行くよう勧めました(人任せ
子供散髪をお探しの方は詳細をお教えしますので、お問い合わせくださいね~。

ではではまた来週

Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

一夢庵風流記

2014.06.12 Thu
こんばんは。
一度でいいから馬をに乗ってみたい桜コンディショニングの山岸です。
『乗馬体験』とかそんなものではなく、できれば野生の馬にひらりと跨り「あんたにはかなわないよ。ヒヒン!」なんて馬に言われたら最高です
そんな訳のわからない夢を持つようになったのはこの本を読んだから・・・



前回少しご紹介した前田慶次のお話です。
圧倒的な腕力があって豪快で、それでいて文化的素養が高くお茶目、そして一匹狼的で組織には属さない、男が男に惚れるタイプ。
いるかいっ
って感じですが、読んでるうちに私も前田慶次の魅力にやられてしまいました

ホントにこんな人だったのかは謎ですが、どうしてこんなにこの人がここまで魅力的に思えるかと考えた時、戦いの負ける側に付いたことが多いってことが大きいんじゃないかなと思います。
負けた側にもあんな強者がいたって伝説にもなりやすいし、日本人は儚いもの好きですから
このあたりは新選組の土方歳三にも通じるものを感じました。

今はある方の自費出版の自叙伝を読んでいます。
歴史に名を残さなくても、人の一生を書いた本は面白いですね。
路地を歩いた時、カレーの香りにキュンと来るようなキュンキュンポイントがたくさんあって飽きません。

ではまた来週~




Category: | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

馬を自転車に乗り換えて

2014.06.05 Thu
こんばんは。
連続で時代小説を読んだので気分は戦国武将、桜コンディショニングの山岸です。
ちなみに昨日まで読んでいたのは前田慶次郎というお侍さんの話でした。
『花の慶次』というマンガの原作になった本で、「んなあほな!」と言いたくなるけどスカッと爽快な読後感でした。
本の紹介はまた次回に

さて前回予告していましたが、納車に一ヶ月かかった新しい自転車のお披露目です
自転車
ジャ~ン
どうですか?かっこいいでしょ~!
早速御所に行きました。
もうあっという間に着きましたよ
前田慶次郎の愛馬が『松風』だったので、この愛車に『春風』と名付けたいくらいです(本の影響受け過ぎ

私に子供が出来たらやりたいことの第2位は、「子供を自転車の前に乗せて後ろからしゃべる」でしたので、ようやくこれも果たすことができました
自転車で走りながら「気持ちいいなぁ。」と言うと「うん。」と答えてくれる時間はとても楽しいもんですね

ではまた来週~

Category:日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。